桃メイクとは?

<桃メイク>とは、フェイス全体をピンクで仕上げるメイクのこと。
ふんわりと血色感を与えてくれるピンクは、春らしくて女の子っぽく仕上がりますよ♪
韓国では、春になるとこのメイクが大流行♪ 日本でも話題となっています。

桃メイクのコツ☆ベース編

桃メイクでは、じゅわっとみずみずしい桃の果実を意識します。素肌っぽさを残すため、ベースは厚塗りにならないよう注意です!

おすすめはもちろんピンク色。下地やCCクリームで使えば、ピンクが肌のくすみを飛ばして肌色をワントーンをあげてくれるんです♪

また、ピンクは内側からの自然な血色感も演出。
まるでほてっているような肌は、男ウケも抜群です←

桃メイクのコツ☆アイメイク編

目元はナチュラルにするのが桃メイク風。眉毛やアイライン・マスカラは、基本ブラウンやボルドーで!黒は使わず、「色素薄い系女子」を目指します♪

使う色はやっぱりピンク系。ただし、アイシャドウは「ピンク×ホワイト」でなく、「ピンク×ベージュ」や「ピンク×ブラウン」などがおすすめです。ピンクよりも明るいホワイトは、肌になじみにくくナチュラルに見えにくいんです。

ラメの粒が小さく、出来るだけパール感のあるくすみピンクを選ぶと、日本人の肌にはなじみやすいかもしれませんね♪

アイホール全体にピンクを広げたら、目の際には色味の濃いピンクを重ねます。単色のピンクシャドーしかない方は、重ね塗りで色味を濃く仕上げて下さい。

アイラインは、目尻から平行に伸ばすイメージで。本来の目尻より3ミリほど長く引き、その下にブラウンで影を付けるとデカ目効果がありますよ♪

もっとデカ目に仕上げたい場合は、上まぶたのアイラインをブラウンやボルドーのシャドウでぼかすといいですね。

桃メイクのコツ☆チーク編

桃メイクのチークはやっぱりピンク!とはいえ、
ベビーピンクのチークは肌になじみにくいものですよね。

そこでおすすめしたいのがローズピンクやコーラルピンク。
自然な血色感が春にぴったりでかわいいんです。

ふんわりと色づくイメージなので、頬骨のあたりから下に向かってトントン伸ばしてなじませて♪

ベースでピンクを忍ばせているので、チークは薄めでもOKです。
桃みたいなほっぺになっちゃいましょ☆

 

桃メイクのコツ☆リップ編

リップはジューシーな桃を連想させるのがポイントに。潤いを重視し、リップクリームでしっかりと保湿しておきましょう。

色味はチークと同じ色がおすすめ。口紅を差し色にするメイクもありますが、桃メイクでは統一感を重視です☆

「これじゃ地味…。」に思えるという方はリップライナーでメリハリを♪

本来の下唇よりオーバーライン気味に引けば、石原さとみさん風ぽってり唇になれますよ♪