yuppiyuppi

今回は「お風呂でできる簡単セルフマッサージ」をご紹介するニャ!美容にイイので、是非ためしてみてほしいんだニャ!

用意するもの

フェイスタオル一枚

 

1.まずは、タオルを首と頭の付け根に引っ掛けて、端を両手で持ちます。

 

2.顔を下に向けて、タオルの端を頭の上の方にぐーーーっと引っ張ります。イタ気持ちいい所でとめて20秒待ちます。伸びたな~、気持ちいいな~と思える強さで好きなだけ繰り返します。

 

3.親指と人差し指を使って、耳をよくもみます。引っ張るのも効果的です。外耳炎や内耳炎、耳にケガをしている方、ピアスをしている方は十分に気を付けて下さい。

 

4.指のハラを全部側頭部(耳の上から頭のてっぺんにかけての部分。耳は触りません)にあてて、グッと一度押したまま、ぐるぐる回します。一度押したら力を緩めないのがコツです。

 

5.左右どちらの手でも良いので、頭のてっぺんに顔の方から後頭部に向かって真っすぐのラインに指を置き、これまたぐ~っと力を入れていきます。(押しすぎ注意です。あくまでもイタ気持ちいい程度にして下さい)

 

6.おでこの生え際にそって、両手の指のハラをあてます。ぐ~っと押してゆきましょう。

 

7.左右のこめかみに人差し指をあてて、軽く押したり、押したままぐるぐる回します。

 

8.小鼻の横のくぼんだ部分に人差し指をあてて、押します。目が疲れている方はここが石のように固いはずですので、最初は優しく、徐々に力を入れて押していってください。

 

9.頬骨の一番出ているところの骨の下側に親指をあてて、斜め上に押し込んでいきます。力加減は注意してください。

 

10.右手の人差し指と中指で顎を挟み、左の耳の下から右の耳の下に向かって優しく滑らせます。これは力は要りません。次に左手も同様に人差し指と中指で顎を挟み、右の耳の下から左の耳の下に向かって優しく滑らせます。右と左を交互に数回繰り返します。

 

11.最後に右手で左の耳の下から肩にかけて少しだけ強めに撫でます。首の前側を通ってみたり、横側を通ったりしてみてください。右側も同様に、好きなだけ繰り返します。

 

※手順が多いと思われる方もいらっしゃるかも知れませんが、覚えてしまえば5分~10分くらいで出来ますので、ぜひやってみてください。

注意点

全体的に力加減には気を付けて下さい。痛いくらいまでやってしまうと体中の筋肉が緊張して固くなってしまうので、逆効果です。